インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんから維持費がかかることを知っておきましょう。標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。

メンテナンスを受けるごとに支払う料金は基本的に保険が適用されるので三千円程度かかることが多いです。普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の維持費を用意しておきましょう。人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。

人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。

チタンの他、セラミック、金といった人体への親和性が極めて高い素材から作られています。

インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、全額自費を覚悟しましょう。

余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方が治療や手術への心配がなくなるでしょう。

普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、高額の費用が負担となる方もかなりいるようです。それでも、クレジットカードが使えるところや、デンタルローンなどの名称で信販会社のローンで支払いができる歯科医院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。

現金で費用を一括払いする必要なく、受けたい治療を受けることができるケースが増えました。インプラントの利用を考える際に、口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。その点は、担当医の技量に加え、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、必ずしもこうなるとは言えず、人と状況によりけりなのです。

歯科で出してもらった痛み止めを飲んで、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。

インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医でないとできないなら、国外までも探しにいくことも十分あり得ます。北欧諸国はインプラント先進国といわれ、世界中の歯科医が研修を受けています。長期間快適に使える歯を手に入れるため、決してあきらめてはいけません。できる限りの情報を手に入れることに努めましょう。

近年、インプラントの治療件数が増えてきました。

これは歯がまるごと抜けてしまった後で、歯根部からほぼ元通りになる人工歯づくりを指します。インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。インプラントだと歯根からあごの骨に埋め込んでいるので強度や使用感が天然歯に近く、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。

骨と一体化して安定した歯根となりやすくアレルギーの発症例も少なくなっています。インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体のいろいろな検査を実施し、その結果を見て治療に取りかかるため患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。

そして、治療終了後のメンテナンスを欠かさず継続することで長い間、問題なく使うことが可能になります。インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、一種類だけではなく、部品の接続形態によって複数のタイプに分類することができます。

人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられるのが1ピースタイプと呼ばれるもの。そして、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。

2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、パーツ同士の結合部の形によって、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式があり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。

欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。

インプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。

ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。

審美性を考えた場合、多くのケースではインプラントが優位に立ちます。加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られる覚悟もしなければなりません。

インプラントの技術が確立されてきた現在では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。

上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、噛んでいるとグラグラしてしまうなど、問題となる不具合が報告されています。こうしたトラブルは、担当歯科医がインプラントに習熟していないことの影響が多分にあります。なるべくなら、インプラントを専門としている歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。

インプラント埋入手術の直後、自分の歯がうずく反応もよくあります。

考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして周辺の歯の神経も刺激されたことが原因で時間が経つにつれておさまってくるケースがほとんどなので、気にしないでください。別の原因が隠れていることもあり得るため、治療中に異変を感じたら速やかに歯科医の診断を受けることを心がけてください。

差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。

決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。差し歯は、天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。

当然、歯が全く残っていない状態では、そもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。対して、インプラントは差し歯と異なり、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。

差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。長年放っておいた虫歯があり、結局、歯を抜くことになってしまいました。

このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、このような場合、インプラントにもできますと説明されインプラントの方が良いと考えました。

費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。手術が終わってから、だんだんと隣の歯と同じように使えたのでインプラントにして良かったと思いました。人工歯としてのインプラントは虫歯の危険性は全くありませんが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。

インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスを忘れることはできません。

けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすればインプラント周囲炎の症状かもしれません。

自然に治ることはありませんので、早急に診察してもらわなければなりません。

典型的なインプラント治療は、段階が大きく3つに分かれます。

まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。

あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるという流れは皆さん変わりません。

時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまででこの間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。

インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでにおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。インプラント治療を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。保険が適用されればありがたいのですが、インプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとするとブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べて手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、時間に見合った医療費がかかります。

これを保険適用にしてしまうと、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、口臭を人から指摘されるようになったという件が歯科医院ではよくきかれます。義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。

これには、義歯と歯茎の間に歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっているケースもあり得るのです。

ひょっとして、と思ったら、早期に診察してもらうことが大切です。

歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が損なわれていなければ冠のような形の義歯をつくり、クラウンをかぶせることが可能です。根元から歯を抜いたときの選択としては、入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するインプラント治療を適用する可能性があります。

治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療は治療費を確保してから始めなければなりません。場合によっては、保険診療にもできるようですが、一般的なケースではなく、検査など、治療の一部しか保険がきかないのが負担が大きくなる原因です。安い材質、安い治療で済ませても十数万円、難しいケースでは数倍の費用がかかるケースもあることを肝に銘じておかなければなりません。よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこに「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。

入れ歯などの方法と比べると、綺麗な見た目に仕上がりますし、食べ物も噛みやすいのです。

インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の卓越した技術を置いて語れません。

それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性は小さくないと覚悟してください。インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが次のステップに進むための条件です。

周辺組織を回復させるために、ニコチンも一酸化炭素も確実にマイナスの作用があります。

インプラント治療の成功を願うなら、治療を受けている間は禁煙を決意してください。インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けてのよくあるケースのインプラント治療でも、院内感染の可能性は否定できません。ですから、歯科医院を決めるときに感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが治療の成否に関わる問題です。

感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてホームページ上で具体的に示している歯科医院も当然のようになっているので、まずはそこを見てください。

どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、インプラント以外の治療はできないという方にすすめられる治療なのです。

周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラント治療を選ぶしかない患者さんが多くを占めます。

インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、歯根がある分だけ噛み心地は自然で、噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。

インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、治療後のメインテナンス次第なのです。

口腔内ケアの仕方を病院で教えてもらえる筈ですので、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。

歯医者さん任せにせず、自宅で手入れするのが大切なのです。

さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、口の中で何か異変が起きていても、なかなか気付きづらくなっています。自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診を受けるようにしましょう。インプラント手術の未経験者にとって術中の痛みが怖いと思います。インプラント埋入手術を受けても、痛さを心配する必要はありません。

手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術の本番に入るためです。術後、腫れがでるのに伴ってだんだん痛くなってくることもありますが、痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。

その義歯には、いくつかタイプがありますが、基本的にはセラミック製です。セラミックとは要するに陶磁器であり、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、なんといっても歯科技工士のスキルによります。

人工歯の製作には、高い技術と美的センスを必要とする、高レベルな作業なのです。これには大変な手間と時間がかかりますから、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果、インプラントの治療費は高くなるのです。

言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、お手入れを必要としないとは言えません。

特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。

食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。

インプラント以外の自分の歯と同じように歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。

どんな完璧なインプラント治療でも、治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、アフターケアが寿命を決定します。毎日丁寧にブラッシングすることによるいわゆるプラークコントロールを完璧に行い、定期的な検診を欠かさず継続する必要はずっと続きます。どんな堅牢なインプラントでも、ケアが十分でないといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。これはインプラント治療の大きなメリットですが、治療終了後、義歯だと気づく人は本当に少ないという点です。一見したところ、自分の歯と同じくらいとってつけた感じにならず、これは義歯だと自分から言わない限り、義歯を入れたと気づかれることはまずないと思って良いでしょう。自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方には優先したい治療方法ですね。

完全に歯がなくなってしまった部位にも使えるインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、他の治療法と同様、注意すべき点があります。最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないという事実です。糠喜びにならないためにも知っておきましょう。

いくつか例を挙げると、抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりするケースがあり得ます。

そのような場合は別の方法に頼るしかありません。

参考サイト