育毛剤選びで大事なことは自分の薄毛に必要な商品を見極めること

最近では、薄毛対策として育毛剤を利用する方も増えてきています。
育毛剤は、薬ではないため、副作用の心配がほとんどなく、安心して使い続けられるのが人気の理由です。

しかし、育毛剤と一言で言っても、各メーカーから様々な商品が出ているので、どれを選べばよいのか悩んでいる人も多いですね。
育毛剤選びで大切なことは、自分の薄毛に必要な商品を見極めることです。

具体的に、どのような育毛剤を選べばよいのか見ていきます。

育毛剤を選ぶ時は多角的に商品を比較しよう

育毛剤を選ぶ時は、できるだけ多くの商品をいろいろな点から比較することが重要です。
たとえば、育毛促進成分を重視して育毛剤を比較したり、抜け毛予防成分を重視して育毛剤を比較したり、価格を比較して選ぶということです。

そして、特に大切なのが、自分の薄毛にはどれを使うのが良いのかということです。
一般的に、薄毛の大半は、AGAだと考えられています。
AGA対策として育毛剤を使う場合、しっかりと抜け毛予防成分を含み、育毛促進成分が配合されているものを選ばなければいけません。

このように、攻めと守りの育毛成分を十分に含んだ育毛剤を使った対策が欠かせないというわけです。
こういった育毛剤を見つける場合、育毛剤などのサイトを参考にして、多角的に商品を比較すれば失敗する確率を下げることができます。

育毛剤は最低でも半年は使い続ける

また、どれだけ良い成分を配合した育毛剤を選んだとしても、最低でも半年は使い続けないと意味がありません。
そのため、続けやすい値段設定というのも、見逃せないポイントだといえます。

最近では、育毛サプリメントが付属している商品も増えてきているため、両方そろえるなら、そういった商品の方が割安となっています。
とはいえ、どれも1万円前後してしまうため、計画的に続けることが必要だといえます。

M字も頭頂部も基本的には同じ

また、M字禿げや頭頂部のつむじ周りの薄毛対策として、分けて考える方もいますが、基本的には男性ホルモンの影響が大きいため、そこまで対策に違いはありません。
頭頂部のつむじ周りの場合、血行不良などが原因になることもありますが、育毛剤を使った後は、頭皮マッサージを行うためより期待できるでしょう。

ただし、M字禿げと頭頂部の薄毛では、M字はげの方が改善しにくいといわれています。
M字禿げが気になる場合は、できるだけ早くから対策に取り組むと良いと考えられています。

ミノキシジル配合育毛剤だけを使っていてはだめ

薄毛対策として、ミノキシジル配合の育毛剤を使っている方は多いと思います。日本では、リアップが唯一ミノキシジルを配合した育毛剤として一部の薬局で販売されています。

ミノキシジルは、薄毛治療薬として認められいてる成分なので、多くの方がミノキシジル配合の育毛剤を使って薄毛対策に取り組んでおられるかと思います。

しかし、ミノキシジル配合の育毛剤だけを使っていても実は薄毛対策としてはなかなか期待できないのです。

というのも、ミノキシジルには血流を良くして、髪の毛の成長に必要な栄養をいきわたらせやすくするのが薄毛対策に効果的だとして使われています。このように、行ってしまえば、ミノキシジルは攻めの育毛だといえます。

しかし、今ある髪の毛の抜け毛を防ぐ、守りの育毛も同時に行わないとなかなか実感できないのです。

守りの育毛には、薄毛治療薬の場合、プロペシアを使うのが有名です。最近では、より安価で手に入るジェネリック商品も増えてきています。

プロペシアは、副作用の心配があるという方は、ノコギリヤシサプリメントで栄養を補うと良いでしょう。プロペシアほど顕著に効果があるわけではないですが、守りの育毛として期待できます。

つまり、ミノキシジル配合の育毛剤だけを使っているのではなく、しっかりと攻めと守りの両方の育毛に取り組むことが非常に大事であるということです。

AGA(男性型脱毛症)が気になり始めたら取り組みたいこと

男性の薄毛の大半はAGA(男性型脱毛症)が原因だといわれています。
AGAになってしまう一番の原因は”男性ホルモン”の存在です。

とはいっても、男性ホルモンがすべて悪いわけではなく、男性ホルモンと酵素が結合して作られる悪玉男性ホルモンが抜け毛の原因になってしまうと考えられています。
そのため、AGAが気になり始めたら、悪玉男性ホルモンを抑えることがとっても重要だといわれています。

一昔前までは、「ワカメを食べると禿げない」などと都市伝説的なことがいわれてきました。
AGAの原因が悪玉男性ホルモンであることからも、ワカメを食べるだけで抜け毛を抑えられないのはよくわかるかと思います。

AGAの抜け毛原因である悪玉男性ホルモンを抑えるには、医薬品を使う、医薬部外品を使うというのが一般的です。

医薬品というのはいわゆる薬のことで、ミノキシジルやプロペシアなどが有名です。
これらの薬は、病院で処方してもらうことができるため、効果や副作用については医師から詳しく話を聞くことが重要です。

医薬部外品というのは、育毛剤などのことです。
育毛剤などの場合、ネット通販で手軽に購入することができるため、特に人気があります。
最近の育毛剤には、悪玉男性ホルモンの働きを抑える成分が配合されているものも増えてきているため、AGAが気になる方も多く利用されています。

また、最近の主流としては育毛剤と一緒に育毛サプリメントを飲む方が増えています。
育毛サプリメントには、亜鉛やノコギリヤシといった育毛成分がたっぷりと入っていることから内側からケアできると好評です。

生え際が後退してしまっている!つむじ周りが薄くなってしまっている!などといった場合は、AGA(男性型育毛剤)育毛剤を参考に、あなたにあった育毛剤を選ぶと良いでしょう。

医薬品を使う場合も、医薬部外品を使う場合も、どちらにしよ薄毛が気になり始めたらできるだけ早く対策に取り組むことが大切です。
そのまま放置しているとどんどん進行してしまうため、気になったら何か行動に起こすようにしましょう!

薄毛になってしまう原因って何!?AGAの原因と対策方法

30歳を過ぎた男性のほとんどが、薄毛で悩んでいるといわれています。
すでに薄毛が進行してしまっている方をはじめ、まだ進行はしていないけどこれからが不安という方など。

では、そもそもどうして薄毛になってしまうのかご存知ですか!?

実は、薄毛になってしまう一番の原因は男性ホルモンだといわれています。
もう少しわかりやすくお話していきますね。

抜け毛の原因になり、毛根部に攻撃を始めてしまうDHT(ジヒドロテストステロン)というのがあります。
これは、男性ホルモンのテストステロンと、毛根部にある酵素5αリアクターゼが結合して生成されます。

薄毛になってしまう原因は、DHTだというわけです。

よく、男性ホルモンが多い人は薄毛になりやすいといわれていますが、これはあながち間違いではないんですね。
ただ、人によって男性ホルモンの感受性が違うため、毛深くても薄毛になりにくい人もいるというわけです。

薄毛になってしまう原因がDHTだということなので、対策としてはDHTの生成を抑えることが重要です。
つまり、テストステロンと5αリアクターゼの結合を抑えることが大切なんですね。

最近では、「薄毛になったら病院へ」という宣伝がされているように、病院で薬を処方してもらう方法もあります。
しかし、薬には副作用の心配もされているので、安易に薬に頼るというのもなかなか難しくなっています。

副作用の心配がない方法としては、育毛剤や育毛サプリメントを使った方法があります。
こちらは、薬ほどの即効性はないものの、副作用の心配がないので安心して使えるという特徴があります。

薄毛になってしまうとどんどん進行してしまうので、病院に行くか育毛剤を使うかなどを行って、しっかりと対策をとることが大切です。

フィナステリドの副作用って大丈夫?

薄毛対策として有名な薬として「プロペシア」や、ジェネリック医薬品の「フィンペシア」が有名です。
これらの薬に配合されている成分が、フィナステリドです。

フィナステリドは、薄毛の原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑える働きがあります。
そのため、AGA(男性型脱毛症)などで悩んでいる人には有効だといわれています。

病院や薄毛専用クリニックなどでは、フィナステリドが配合された薬を処方されるところが多いようです。

薄毛対策の特効薬のように思うフィナステリドですが、副作用があるのを忘れてはいけません。

・勃起不全
・精力減退

このような副作用が心配されています。

また、フィナステリドによって抜け毛を予防している場合、服用を止めてしまうとまた進行してしまうといわれています。
つまり、抜け毛を予防するために半永久的に服用し続けなければいけないともいわれているのです。

このように、医学的に認められている薬ですが、自身の体への副作用があることをしっかりと理解して利用することが大切です。

薄毛対策時に食べておきたい食事

薄毛対策の基本の一つが「食事」です。
薄毛で悩んでいる方の中には、コンビニ弁当やインスタント麺、スナック菓子ばかりを日常的に摂取している方も多いです。
ですが、これらの食事では栄養が偏ってしまうため、髪の毛の成長に必要な栄養をしっかりと摂取できないのです。

しっかりと必要な食事を摂取できていないと、髪の毛の成長に悪影響を及ぼすため抜け毛や薄毛が酷くなってしまいます。
そのためにも、日ごろから食事はしっかりととることが欠かせないのです。

薄毛対策時に何を摂取すればいいのか

髪の毛の成長や髪の毛を作るのに欠かせないといわれているのがタンパク質です。
髪の毛はタンパク質でできているため、しっかりと摂取する必要があります。

特に、日常的に筋トレをされてる方の場合、普通よりも多くのタンパク質が必要になります。
食事からしっかりと摂取できない場合、プロテインやサプリメントを使って摂取するのも一つの方法です。

また、育毛に欠かせない成分としては亜鉛が有名です。
こちらもなかなか食事から摂取することが難しいかもしれません。
そのため、サプリメントを利用してしっかりと摂取するといいですね。

最近では、育毛サプリメントと呼ばれるものがいろいろなメーカーから販売されています。
育毛サプリメントには、薄毛対策に欠かせない亜鉛やノコギリヤシなどの成分がしっかりと配合されています。

薄毛対策として育毛サプリメントを使って必要な栄養を摂取するのも多くの人が取り組まれています。

薄毛対策時に気を付けておきたいこと

摂取したほうが良い食事があれば、できるだけ避けた方が良い食事もあります。
それは、脂っこいものです。

脂っこいものは、できるだけ避けたほうが、薄毛対策としては良いでしょう。
こってりラーメンや焼肉などばかりを日常的に食べている方は気を付けておいた方がいいですね。

とはいえ、あれが良い!これがだめ!とばかり考えていると、なかなか満足できる生活ができません。
もし足りないと思うものがあればサプリをとればいいですし、たまにならラーメンなどもいいでしょう。

しっかりと栄養バランスを考えた食事を摂取することが何よりもたいせつなのです。

育毛の基本は睡眠!ゴールデンタイムを見逃すな!

薄毛対策の基本の一つに「睡眠」があります。
髪の毛は夜寝ている間に成長するといわれているため、睡眠が薄毛対策には欠かせないのです。

とはいえ、適当に睡眠していればいいというものでもないんですね。
実は、ゴールデンタイムと呼ばれている時間帯があり、この時間帯に睡眠をとることでより効率よく薄毛対策になるといわれているのです。

そのゴールデンタイムというのが、夜の22時から2時の間の4時間です。
この時間にしっかりと睡眠をとれているかどうかが、薄毛対策の睡眠を考えた場合重要になってきます。

しっかりと睡眠をとるために必要なこと

このゴールデンタイムにいかにしっかりと睡眠をとることができるかどうかが、重要になってくるわけですが。
いざこの時間に寝ようと思っても、なかなか寝付けないということも少なくありません。

特にこれまで夜更かしをしたり、不規則な生活をされている方の場合、いきなり22時に寝るのは難しいどころか苦痛にもなりえます。

そこでお勧めしたいのが、日中にしっかりと運動を取り入れるということです。
日中は仕事で忙しいという方なら、早朝に運動を取り入れると一番良いですね。

睡眠と体内時計と太陽の関係

ご存知かもしれませんが、人間には体内時計と呼ばれるものがあります。
しかしこれは、25時間で設定されているのです。
これを24時間に調節してくれるのが太陽の光だといわれています。

つまり、日中に太陽の光をしっかりと浴びることによって24時間に調節され夜ぐっすりと眠れるようになります。
ということで、日中、もしは早朝に運動を取り入れることによって、太陽の光を浴び、体を動かせば夜寝やすくなるんですね。

いきなり22時に寝ようと思うと、なかなか寝付けませんが、このように運動を取り入れることでぐっすりと寝付きやすくなるのです。
薄毛対策の基本である睡眠を効率よく行うためには、運動とゴールデンタイムを見逃さないことが必要不可欠です。

育毛サプリメントで内側からケア

薄毛対策として多くの方が使っているのが育毛剤です。
ご存知の通り、育毛剤は直接頭皮に塗布するのが基本です。

しかし、ほとんどの育毛剤は、奥まで届く前に蒸発してしまうなど、問題点もあります。
そこでお勧めしたいのが、育毛サプリメントとの併用です。

育毛サプリメントなら、体の中から薄毛対策ができるので、薄毛が気になる部位に届かないなどの心配がありません。
とはいえ、やはりサプリメントであって薬ではないので、その点は理解したうえで使うことが大切です。

育毛サプリメントを選ぶ時に知っておきたいこと

育毛サプリメントは今では数々のメーカーから販売されています。
なので、結局どれを選べばいいのか悩んでしまう方も多いですね。

そこで一番にオススメしたいのが、育毛成分がたっぷりと配合されているものです。
育毛サプリメントの成分として有名なのが、「亜鉛」「ノコギリヤシ」といったもの。

しかし、これだけしか配合されているサプリメントがたくさん出回っているのも現状です。
もちろんそれがだめだということではないのですが、どうせ飲むならできるだけたくさんの育毛成分が入っているものを選びたいですね。

育毛サプリメントと育毛剤の併用が最強

ここまで読んでいただいた方の中には、「育毛成分がたっぷり配合された育毛サプリメントを飲めばOK」と思われた方もいるかもしれません。
ですが、やはり真剣に薄毛対策に取り組むなら育毛サプリメントと育毛剤の併用が一番おすすめできます。

イメージとしては、外からも内からも薄毛対策を行う感じです。
外からだけよりも、内からだけよりも、しっかりと対策できますよね。

薄毛対策といえば一昔前までは、育毛剤しかありませんでしたが、最近ではいろいろな商品が出てきています。
髪の毛の成長や抜け毛予防に必要な成分を効率よく摂取できるという意味では、育毛サプリメントはおすすめですよ。
育毛剤を使われている方は、ぜひ併用して使ってみてはいかがでしょうか。

薄毛対策には筋トレよりウォーキング

薄毛対策の基本の一つに「運動」を日常的に取り入れることが大切です。
運動をすることで、薄毛の原因の一つである「血行不良」を改善することができるからなんですね。

とはいえ、運動と一言で言っても、ダッシュ・筋トレ・ウォーキング・水泳・スポーツなど、様々なことが考えられます。
では、薄毛対策に良いといわれている運動とはいったいどのようなものなのでしょうか。

薄毛対策に一番人気なのは有酸素運動

薄毛対策として多くの人が取り入れているのが、有酸素運動です。
中でも人気なのがウォーキングです。

毎日20分以上歩くことで、薄毛対策だけでなく、ダイエットにもなるため男女問わず人気になっています。
ただ、これだけ忙しい現代では、なかなかウォーキングをする時間がないという方もいるかもしれません。

そのような方にお勧めしたいのが、「早朝のウォーキング」です。
朝の5時や6時など、出勤前に起きてウォーキングを行うことで太陽の光を全身に受けられるためパチッと目が覚めます。
また、早朝だとまだまだ車も人も少ないので走っている姿を見られたくない…という方でも取り組みやすいのです。

早朝ウォーキングを取り入れることで、

  • 早寝早起きになる
  • 朝一番の仕事にも集中できる

など、さまざまなメリットがあるので、ウォーキングの時間に悩んでいる方にはイチオシです。

薄毛対策であまりおすすめできない筋トレ

運動といえば筋トレをイメージされる方も多いですね。
筋トレは無酸素運動といって、どちらかといえば薄毛対策としては適していません。

とはいえ、全く何も運動をしていない人に比べればしっかりと体を動かしているのでダメではありませんよ。
中でも、スクワットは下半身をしっかりと動かすため、筋トレをするなら外せないトレーニングだといえます。

薄毛対策として運動を考えている方は、まずは毎日20分のウォーキングから始めてみてはいかがでしょうか。
特に、早朝ウォーキングなら1日のはじめを気持ちよく過ごすことができますよ。

抜け毛が増えた!?まずはシャンプーの成分を再確認しよう

脱け毛を気にする男性

「シャンプー後の抜け毛が増えた…」
なんとなく排水溝が抜け毛でいっぱいになっていたりしたことはありませんか?

基本的に、成人男性の場合1日に100本前後が抜けるといわれています。
そのため、100本前後の抜け毛ならまだ心配しなくても大丈夫だといえます。

しかし、100本以内でも気をつけておかないといけないケースがあります。
それが、「短い髪の毛が抜けている場合」です。

特に、短い髪の毛が毛根から抜けている場合は要注意です。
髪の毛にはヘアサイクルというのがあり、基本的に数年周期で抜けたり生えたりします。

それが、まだ短い髪の毛が抜けるということは、ヘアサイクルが乱れてしまっているということ。
薄毛で悩む多くの方が、ヘアサイクルが乱れてしまい、本来成長すべき髪が抜けてしまう状態になるのです。
そのため、100本以内の抜け毛であった場合でも、明らかみ短い髪が抜けている場合は気を付けましょう。

抜け毛対策には育毛シャンプーを使ったケアが欠かせません

では、抜け毛が増え始めた場合、どのような対策をすればいいのかというと、シャンプーを変えることが一番です。
シャンプーには、様々な成分が配合されています。
それは、頭皮へのダメージが強いものもありますし、頭皮に付着しやすいものもあります。

抜け毛がひどい場合、シャンプーを変えることがまず初めにしておきたい対策です。

では、どのようなシャンプーを選べばよいのでしょうか

抜け毛対策にはアミノ酸系シャンプーを使ったケアをしよう

シャンプーには大きく分けて3種類あります。
市販されている安いシャンプーの多くが「高級アルコール系」「石鹸系」シャンプーといわれています。
これらは、泡立ちが良い反面、洗浄力が強すぎるため頭皮への刺激がきついといわれています。
そのため、抜け毛が増えてきている方の場合、これらのシャンプーは避けるようにしましょう。

一方、ネット通販などで割高になっているシャンプーの多くが「アミノ酸系シャンプー」といわれています。
アミノ酸系シャンプーは泡立ちがあまり良くないものの、マイルドな洗浄力なので、頭皮にやさしいといわれています。
そのため、抜け毛が気になる方は、アミノ酸系シャンプーを使うことが大切です。

アミノ酸系シャンプーと一言で言っても種類が多いですが、「添加物などが少ない」「有効成分を配合している」このようなシャンプーを選ぶと良いでしょう。

ドラッグストアやスーパーには、大手企業のシャンプー(ほとんどが高級アルコール系)しか置いていないところも少なくありません。
そのため、ネット通販で評判が良いのを選ぶのも一つの方法です。

シャンプーは基本的に成分がすべて公表されているため、購入前には成分を確認して、粗悪な成分が入っていないものを選ぶようにしましょう。
抜け毛を放置しておくと薄毛につながってしまうので、気になり始めたらできるだけ早くシャンプーを見直しておきたいですね。